CU東京とは
CU東京について CU東京とは

「CU東京」は、どんな組織ですか

 CU東京は、非正規雇用や中小零細企業で働く労働者、「職場の問題」に悩むすべての労働者などを対象とし、地域を基盤に団結・活動する、新しい個人加盟の労働組合です。

 CU東京は、労働者の職場における「個人の尊厳」を守ることを重視し「個別的労使紛争」には「労働者に寄り添って」取り組みます。また、労働者の生活向上をめざし、労働条件や社会保障などの改善のために、共同をひろげ、自治体や政府などへの取り組みをすすめます。

 CU東京は雇用不安や「企業福祉」などとは縁のない、労働者が地域的に連帯してつくり上げた助け合いの共済制度や、最低賃金制などの制度改善の活動を重視する労働組合です。

 CU東京は、業種やパートや派遣など働き方に制限されず、働く意志のある方なら誰でも組合員となれる労働組合です。

組合員(資格と組合費)加入資格

加入手続き

組合費

組織はどうなっているか

 最高議決機関である「大会」と大会方針に基づく業務を執行する「執行委員会」、 日常的な事務を行う「事務局」を本部に置きます。

 自治体行政区単位を基本とした「支部」組織を作ります。また、組合に専門部や分会、協議会を置くことができます。

CU東京の三つの旗(大会方針)

 「新しい労働組合」の社会的プレゼンス(認知度や支持の度合い、社会的政治的影響力)を高めるために、CU東京は三つの旗を掲げて運動に取り組みます。

①個人の尊厳を守る「駆け込み寺」の旗(憲法13条、27条、28条)。

②「社会的労働運動」の旗(憲法14条、25条、27条)。

③労働者の連帯、中小企業との共同で「政治の改革を」の旗

加入の手続き労働相談ニュース「こみゅーと」バックナンバー
PAGETOP